海外で起業③-1 人生リセット

海外生活

 遠い場所に行って人生をやり直す。海外ではこれができます。過去の全てを捨てて誰も知らない場所に行くと、人生のリセットボタンが押されます。過去のしがらみから解放され、全てを1から構築し直せます。それが海外!

 但し、多くの人はそこまで求めていないでしょうし、求めていてもそこまでの覚悟はなかなか持てません。ほとんどの人は日本に多くのモノを残しつつ、期待と不安を胸に出国していくことでしょう。今回はその残すかどうか選択すべきものについてです。簡単に言えば、残すものが多ければ多いほど2重に生活費が掛かります。要は費用負担をどのように考えるか?だと思います。

  • 家及び家財道具一式、車など

 維持するだけで費用が掛かる2大巨頭は家と車です。私の周りではよほどのお金持ちでもない限り、維持費理由で手放す方が多いようです。大体1~2年は維持しようとしますが、3年超えると手放す方向になりますね。逆に言えば海外に行ったもののその国になじめず、すぐ帰国するリスクを皆が考えた結果なのだと思います。そのリスクは確かにあります!家なら手放すか貸す。家財一式は実家またはトランクルームにひとまとめ。古くても価値が残るものならば維持する意味もありますが、3年経てば大抵の家電は価値が無くなりますしね。

  • 携帯電話番号

 本体はSIMフリーにして使い続けられますが、番号は解約すると今までの人間関係が失われる恐れがあります。一時帰国の際にも不便です。最近はSMS認証などの面で、海外で使える日本のSIMを維持する必要性も出てきています。私はいくつかの格安SIMに乗り換えながら、ずっと番号を維持しています。通話もネットも現地携帯を使いますので、日本のSIMは最低月額固定費1000円くらいでしょうか。真剣に探せばもっと安いのもあるかもしれません。

  • 銀行口座

 銀行ごとに違いますが、総じて海外に行く場合には事前に連絡することになっているみたいです。口座維持手数料を徴収する銀行もあるようです。ご自分の銀行のHPで確認してみてください。ただ実際には、すでに開設されている口座が海外に出ることによって使用できなくなることは無いと思います。海外からネットバンキングも使えて便利ですしね。

  次回に続く・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました