海外で起業③-3 カード付帯保険

海外生活

クレジットカード(付帯保険)

 海外へ行く場合、クレジットカードはホテル宿泊時のデポジット利用で必須です。つまり最低1枚は持っていくのが基本だと思います。ただ長期に滞在する場合、カードの期限が来ると、次に日本に一時帰国して新しいカードを受け取るまでの間、カード無しという問題があります。現地で働くことで現地通貨が得られるようになれば、日本のカードを使用する機会は無くなると言ってよいでしょう。また海外の方がスキミング被害も起こりやすいので、カード利用には注意しましょう。

 クレジットカード付帯保険についてですが、私は自動付帯のカードと利用付帯のカードを所持しています。保険期間90日はどのカードでも変わりませんが、利用付帯カードをうまく使って保険期間を長くカバーするテクニックもあるみたいです。ネット検索すれば解説しているサイトがたくさん出てくるので、ぜひそちらを参考にしてください。最近は本人のみの利用付帯カードが増えており、知らないうちに補償内容が変わるので注意が必要です。

 ちなみに私は数年前に骨折して現地入院したことがあり、クレジットカード付帯保険に助けられた経験があります。よく言われるように海外の医療費は高額です。

 私は現地カードも持っていますが、外国人が持てるカードは限られています。私自身ははるか昔に取得し更新継続できていますが、新規では取得できなくなったようです。外国人が現地カードを取得しにくい理由は、さんざんカードを使った挙句、引き落とし口座にお金が無い状態で帰国してしまい、2度と戻らないという事があるから・・・らしいです。日本人はそんなことしませんよね。

 最近、現地カード会社が盛んにリボ払い?風の処理をお勧めしてきます。今月の支払いは○○だけど、最低××払うだけでOKみたいな文面です。皆さんご存じでしょうが、リボ払い!ロクなことが無いのでやめましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました