海外で起業④-3 健康保険

海外生活

 海外に行くため日本の会社を退職することになった場合、そのまま任意継続するか国民健康保険(国保)に切り替えなくてはなりません。任意継続は2年間保険料変わらずですが、国保は前年度の収入によって決まります。退職して失業が続けば軽減措置もありますので国保の方が安いかと思いますが、ご自身でよく確認して選択しましょう。扶養家族が多い場合、任意継続が有利な場合もあるみたいです。

 前回も少し触れましたが、住民登録して国民健康保険に入り続ける場合、所得の申告は毎年必ず行う必要があります。放っておくと,保険料が高い状態で請求が続いてしまうことがありますので注意しましょう。国内所得無しの場合でも,必ず申告して軽減してもらいましょう。確認して間違っていると思った場合、自分で訂正しに行かないと戻ってきません。

 なお収入が無く軽減措置が最大の状態でも、国民健康保険は0にはなりません。本人の年齢や住んでいる地域でも変わりますので、必ず地元の情報を確認しましょう。

 次回は国民年金について

コメント

タイトルとURLをコピーしました