海外生活 傷ついた心の修理、メンテ③

海外生活

 駐在員のOKYも、料理長のまな板もそうなのですが、問題が他人にある場合、ほとんど解決しないためストレスが継続してしまいます。

 他人によって心が病んでくる。

 他人によって心が傷つく。

 それでも他人は簡単に変えられない。

 ではどうするか? 

 まず他人は他人です。確かに話をすれば聞いてくれるかもしれませんし、他人が変わってくれて解決することもあるかもしれませんが、あまり期待しすぎるのも良くありません。さらに他人が原因の問題は際限なくやってきます。その都度他人に対して影響力を持ち、他人をうまくコントロールしようとしても、それが毎回実現できる人など皆無です。

 他人は他人! だからこその 自分は自分!  

 むしろ自分の中にあるかもしれない要因を探しましょう!「私は悪くない!」と言いたくなる気持ちはわかりますが、最終的に先へ進めなくなります。結局、自分を見直すのが一番良い解決方法だと思います。ただ「自分を変える!」という言葉はいきなりすべてを切り替えるようなイメージを持つ方もいるみたいですが、少しだけ自分の思い込みを見直して、

 違う考えもあるかも? 思い込みが強すぎたかも?

 文化が違うのかも? 自分の知らない理由があるのかも? 

 程度で良いと思います。私は結構、練習が必要でした!自分を責めるのとは違うので。そこは間違えないようにしたいところです。自分で自分を大事にして、少しだけ心を楽にさせてあげてくださいね。短時間で切り替えができる人は、時間を有効に使える人・・・かもしれませんね。

 次回は私の経験と行き着いた考え方です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました