仕事の話 失業率の変化

ビジネス

 最近、盛んに言われております失業率!大卒で20%?ちょっと数字はよく分かりませんが、大学卒業してもほとんど就職できないそうです。我々の工場もつい去年までは募集に対して全く応募無しの状態が続いていました。派遣会社も全く相手にしてくれません。結果、仕事を増やそうにも人がいないので増やせない状態でした。

 今はどうか?派遣会社に頼むとすぐに人が集まります。でも今度は仕事が無いという悪循環。さらに残念ながら長期化する可能性が高い。不幸の連鎖が止まりません。

 日本では人手不足?だそうですが、実は安く働いてくれる人を探しているだけ?という噂です。

 こっちは人余り?といえますが、実はちゃんと働いてくれる人を探しているだけ?なのかもしれません。

 この国ではこの先、絶望的に仕事が無くなり続けます。いつも需要と供給がかみ合わない方向に進むのは、その方向に進む意思があるからに違いありません。とかく大きな組織が大きな間違いを犯しているかのように報道されがちですが、私はごく小さな個人単位での間違いもバカにできないと思っています。まとまって失敗を犯し、反省せず、さらに大きな力を集結させて失敗するこの一連の連鎖が終わらない?そんな風に見えてなりません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました