海外生活 お金に関わる大きな壁

ビジネス

我々は外国人!・・・

海外で事業展開する際、必ず立ちはだかる壁が資金の調達問題です。

 事業展開には借金が必要!しかし外国人は信用がない。つまり担保が必要。でも現地に担保など持っている人など皆無。じゃあ日本で借りて送金できるか?これも当然様々な制約条件ありで困難。

 海外では私たちは外国人!よほど大きな投資を行える法人でない限り、現地での優遇や支援は期待できません。一方、日本の制度では日本に住んでいることが条件になっている制度がほとんどです。こちらも期待できません。

 私はこのようなことをよく考えずに海外に行ってしまいましたが、今になって思えば、最初によく考えておくべき事だったと思います。事業そのものが小さいうちは個人的なやりくりで何とかなったとしても、大きくなっていく過程で必ず大きな壁となりますし、一生ついて回る問題となります。

 海外での資金調達・・・ホントに大変です。よほど魅力的な事業で現地出資者が多くいる状況でもない限り、その手だてが限られます。これから始めようとされている方は冷静に考えていただきたいと思います。

 経験者からすると非常にしんどいのでお勧めはできませんが、根性で自己資金だけで回し、コツコツ資金を増やす事もできなくはないです。但し想定外が起きると悲惨なことになりますし日常的に心の安定が保てません。つまり良い経営とはなりません。・・・・ほんとにキツイです

コメント

タイトルとURLをコピーしました